健康とお出かけと、たまに惰性ライフ

食べたり考えたり取り組んだことの記録

読書レビュー 体を温めると病気は必ず治る

健康本はサクサク読めるし、興味深いし、実践すると満足度も上がるから、好きなんです。笑
今回選んだのは、こちら。

石原結實「体を温めると病気は必ず治る」


石原結實というお医者さんが書いているそうで、とんでも医師と書いている人もいます。
必ずと言っていいのかは疑問ですが、予防医療や健康増進の観点からは、取り入れてもいいかと思いました。
ガンになる理由やなぜ体を温めるとガンによいかが書いてあって、説得力はありました。

この本を読んで変えた習慣

・飲み物はコーヒーから生姜紅茶に変更
靴下を厚手に変更
・お腹まで丈のある、腹巻き代用可能なロングキャミを購入
北の野菜中心(ブロッコリー、人参)
・果物はリンゴメイン
・糖質オフ
植物性の食べ物を意識(牛乳ではなく豆乳)
・お肉オフ
・お風呂にはエプソムソルト


特に生姜紅茶は効果がありそうでした。
足先が氷のように冷たかった私ですが、やや冷たいくらいまで改善!
あとは継続できるか、意志力を維持できるか、です。

もちろん外食や飲み会の時は守れないけど、セルフコントロールが可能な限りが食生活を気をつけようと思います!


以下読書メモ↓

⚫︎ガンに対するハイパーサーミア
全身の温熱療法: 41.5〜42度にする、温水浴や体外循環による血液加温
局所の温熱療法: 超音波など

体温を上昇させ冷えを改善し、病気を予防するには、筋肉運動が大切
下半身を使った運動をする

夏型暮らしをやめる
→クーラー、アイス、生野菜などの体を冷やす食べ物

ストレスの解放、頭脳労働をして脳の発熱量を上げる
湯船につかる

⚫︎食べ物を選ぶ
食べすぎない
胃腸以外への血液供給量が減るので、体温が低下する
少食にしたり断食すると、病気は治りやすくなる

★食べ過ぎない
⚫︎体を冷やす食べ物を控える
飲み物: 牛乳、青汁、豆乳、緑茶
緑茶は加熱発酵を経て紅茶にすればよい

南国の食べ物: バナナ、パイナップル、ミカン、レモン、メロン、トマト、キュウリ、スイカ、カレー、コーヒー、緑茶

青白緑色の食べ物 白砂糖、化学調味料、西洋の薬、

柔らかい食べ物: パン、バター、マヨネーズ、クリーム

生野菜、酢
※水や油が多い食べ物が冷えやすい

⚫︎体を温める食べ物の選び方
北で採れたもの
果物のうち、リンゴ、サクランボ、ブドウ、プルーンなど北が原産のもの
コーヒーは体を冷やす

硬いもの(水が少ないから):ドライフルーツ、漬物

赤黒黄橙色のもの

温めも冷やしもしないもの: 玄米、トウモロコシ、大豆、イモ類

ビールより日本酒、白ワインより赤ワイン

⚫︎西洋医学は逆効果
西洋医学は対症療法
発疹という皮膚で発生する反応を止めようとする
→漢方は体内の老廃物を外に出す発散剤の力で
治療を図るので、体内の老廃物が捨てられ、皮膚病が根治することも多い

血液が汚れると病気になる

炎症を抑えるための西洋医学は逆効果

⚫︎断食して浄化する
食後の血糖値上昇後は、白血球の働きが弱くなる

ごはんは血液を汚す

⚫︎基本食
朝ごはん:
にんじん2本とリンゴ1個のジュース
はちみつ入り生姜紅茶
ニンジン: 赤い色、体を温める
リンゴ: 北方産で体を冷やさない

昼ごはん: 蕎麦
北方産で濃い色をしているので、体を温める
トッピングはネギ、ワサビ
ワカメ: 抗がん作用のあるセレニウム
ヤマイモ: ムチンのネバネバ

夜ごはん: 体を温める食材の和食

⚫︎生姜
気の流れ、水の流れ、血の流れをよくする

⚫︎入浴
半身浴を30分以上する
下半身を集中的に温めると、腎臓以下の血流が良くなる
手浴、足浴もよい
塩をひとつかみor1個分のすりおろし生姜を入れて30分

⚫︎体を温める
運動する
ウォーキング
生姜湿布
腹巻き、靴下2枚履き

⚫︎各症状への対処法
例えば、生理痛
濃い番茶にすりつぶした黒ごま塩を入れ、生理2〜3日前から飲む
黒豆を常食にする
ゴボウを食べる
下腹部を温めるため腹巻きをする